ニキビケアは外からだけでなく内側からも

中学に入った頃から出来始めたニキビ。その頃はクレアラシルという塗り薬くらいしかなく、つけてもあまり効果がありませんでした。清潔を保とうと髪の毛がかからないようにしたり、洗顔をこまめにしていたけれど、目に見える効果は感じられなく、白ニキビはつぶしてしまっていました。

 

大人になったら治るものだと思っていたけれど、40歳になってもホルモンバランスの影響でたまに出来てしまいます。でも若い頃よりは出来る数もぐっと減り、1個か2個くらいなのでちょっとしたケアですぐ治るので助かるのですが。。

 

外側からのケアとしてはやはり洗顔をしっかりすること。私はオリーブオイル配合の石鹸を洗顔ネットでしっかり細かい泡を作って、その泡を肌にそっと乗せながら皮脂の多いところの毛穴を念入りに指でクルクルとマッサージします。

 

その後、しっかり泡を落としてタオルで軽く拭いてからしっかり化粧水で保湿をします。
乾燥肌のニキビ化粧水を使ったりもします。

 

肌を潤すために必要不可欠な化粧水もニキビ専用のものにした方がいいです。
検索してもニキビ化粧水などのサイトを見ればとても参考になるので、一度チェックしおいてください。

 

背中ニキビをケアするにはジュエルレインが有名ですが、イマイチ効果が信用出来ない人はジュエルレインの口コミをチェックすれば納得できると思います。

 

内側からのケアでは、脂っこいものの摂取を控えたり、ビタミンを多く含む野菜や果物を積極的に食べるようにしています。皮脂の過剰分泌はニキビができやすくなる要因なので、そこをコントロールすることでニキビが出来にくくなりました。また、ビタミンを野菜や果物で十分摂る事ができないときは、サプリメントで補ってもいいと思います。

 

ニキビにストレスは大敵なようですが…

Y.A. 女性 30代 主婦 敏感肌

 

 30歳になってから、口の周りにニキビが次から次へと出来るようになりました。今も顎に数箇所ニキビが出来て
かなり痛いです。

 

 30代のニキビはホルモンバランスの乱れが原因と言われています。私は、生理も不順なので、食生活や生活スタイルを
気を付けるようにしています。生活スタイルを気を付けるようになり、少しはましになってきたのですが、やはりストレスがニキビには大敵なように思います。

 

 先週、実家に帰りました。実は、母親が鬱病で、家事が全く手につかないようなので、手伝いをするために帰りました。

 

家事を手伝うだけなら、私も主婦ですので全然構わないのですが、やはりかなり気を遣います。精神的病気なので、ちょっとした事で情緒不安的になるし、言動にもかなり気を遣わないといけません。私も小さい子供を連れていますので、子供にも気を配らないといけないので、かなり気疲れしました。

 

 自分の家に戻ると、「しばらく何もしたくないな…」と思うぐらいかなりグッタリしました。すると、口の周りに次から
次へとニキビが出来てきて、かなりの激痛です。「よっぽど気疲れしたのかな…」と思いました。

 

 生活スタイルは自分でも気を付けられますが、不可抗力のストレスにはどうやって対処したらいいのでしょうか?
ストレスに強い精神力を身に付けるか、自分なりの気分転換の方法を探すしかないのでしょうか?


2014/10/25 03:55:25 |
"野球が好きな私としてはとても気になるこのニュース。関西人として、阪神は誰をとるのかなーとちょっとわくわくしながら見ていました。阪神は早稲田大学の有原選手を1位指名。4球団競合し、抽選・・・引き当てたのは日本ハムでした。なーんだ、がっかり。その後はずれ1位指名した山崎選手も、DNAと競合の結果、はずしてしまいました。2年前、藤浪投手を引き当てたので運を使い果たしてしまったのでしょうか(笑)注目の選手は軒並み、パリーグへいってしまった印象です。済美高校の安楽選手。前橋育英高校の高橋選手、等々。初の京大卒のプロ野球選手なるか?と注目された田中選手はロッテの指名を受けてましたね。文武両道、並大抵の努...
2014/10/25 03:54:25 |
"今、子供達の間で大人気なのがテレビアニメの妖怪ウォッチです。そのアニメに出てくる妖怪メダルというアイテムの商品はスーパーなどで売られているのですがすぐに完売になってしまったり、妖怪ウォッチDXというアイテムは3000円ほどの商品になっているのですが手に入れることは困難で、インターネットで入荷したところが開催する抽選に参加するか、入荷した店舗に開店前から並ぶか、どちらにしても容易なことではありません。インターネットのオークションなどでは、値段が10000円にまで跳ね上がっているようです。私の息子も幼稚園で友達から教えられたようでテレビは欠かさず見ており、スーパーに行ったら必ず妖怪メダルを買わさ...
2014/10/25 03:53:25 |
友人の家庭は、ご両親とお姉さん、本人の4人暮らしです。共働きで、お父様はほとんど子育てに関わっていないようです。お母様は仕事の忙しさもあり、十分に子どもたちの思いや考えを受けとめられないまま、ただただ頑張ることだけを強いているようです。友人はお母様の「期待の眼差し」に応えようとして懸命に努力し、中学時代は常にトップクラスの成績で、運動部でも頑張っていました。高校入学後も、クラスでトップの成績を保っていましたが、高校2年生の5月の連休後から週2日程度休むようになりました。そして二学期になると、ほとんど学校に来なくなりました。進路相談会では「公務員になりなさい」というお母様の指示に強い反発を示して...
2014/10/25 03:52:25 |
ゲルツェン・ロシア国立教育大学はロシアで最も大規模な大学の一つです。サンクトペテルブルグ20を超える学部、100を超える講座があり、アカデミックの世界において高い国際的権威があります。毎年、この大学では500人以上の留学生が学んでいます。歴史のある大学で、学問的、学問教育的システムも大変充実しています。長年の間、この大学の専門家たちはロシア全領域から、かつてのソビエト連邦から、そして外国からも、学位論文会議において高い評価を受けてきました。この大学で学んだ留学生も同様高い評価を受けてきました。外国人がゲルツェン・ロシア国立教育大学の大学院における学問教育の人員の準備プログラムの教育に入学する場...
2014/09/22 04:58:22 |
ハナ 男 20代 その他 乾燥肌学生の頃、ニキビにすごく悩んでいた時期がありました。特に顔にたくさんニキビができていたということもあり、鏡を見るのでさえ嫌になってきていました。たまにニキビがまったくない人の顔を見るとすごく羨ましく感じました。そんなニキビですが、長い間できっぱなしだったので、いい加減本気で治そうといろいろと考えてみました。毎朝顔を洗ったり、メルラインというジェルを使ったり、寝早起きしたりといろんなことを試したのですが、なかなか思うようにニキビは治りませんでした。そして、ふと思ったのがお菓子を止めてみてはどうだろうかということです。当時、僕はすごくお菓子が大好きでした。特に甘いも...